勤怠管理はなぜクラウドが良いのか

勤怠管理の方法として、クラウドが人気が出ているようです。

クラウドとは、雲という意味の英単語ですが、現実世界の雲を意味しているわけではありません。

インターネットという仮想世界における、雲をイメージしてみると良いでしょう。



勤怠管理の情報を、インターネット上の雲の中に保存するというイメージを持っておくと良いかもしれません。インターネットは基本的に、世界中どこでもつながっていますので、ネットに接続できるパソコンさえあれば、勤怠管理のシステムを使うことができます。

現在の日本では、インターネットに接続できない場所というのはほとんどありませんので、日本中どこにいても、同じシステムを使うことができます。
IDとパスワードさえあれば、いつでもログインをして、システムを利用したり、情報を見たりすることができるのです。


パソコンだけでなく、携帯電話、スマートフォン、タブレットなど、ネットに接続できる機器があれば、勤怠管理システムを利用することができます。


パソコンを使って勤怠管理をするソフトは昔からありますが、クラウド型では、ソフトをインストール必要がなく、インターネットにつながっている環境さえあればどこにいても利用ができるということが特徴です。



ケースバイケースですが、基本的には初期コストはゼロとなっており、月額のコストだけがかかります。



業者によっては、3ヶ月〜1年くらいの契約となっており、違約金が発生することもあります。